FC2ブログ

ボラだより 2018 ☆

【2018年12月5日更新】
(長文でスミマセン・・)
今やほとんどの人がスマホを持ち、簡単にネットで情報を入手できることで、こちらのブログでもそうですが、ボランティア個人でも、SNSや飼い主募集サイトに登録して、一頭でもやさしいご家族にもらわれるチャンスを作ってあげようと、譲渡できそうな子は時間を作って掲載しています。
ネットのおかげで作れたご縁も大変多く、それはとてもいいことなのですが、時に裏目に出てしまうことがあるのも事実です。
まさに今回がそうでした。

今年5月に鹿児島に譲渡した生後6カ月位の子犬。
怖がりな子で口も出ていたのでボランティア宅でしばらく預かってもらい、馴れてきて、散歩も楽しそうになってきたので、愛護センターに戻し、そろそろ飼い主を探そうとネットに出した子でした。
その後、鹿児島在住の男性の目にとまり、あまりに遠いのでそれは・・・と所長にボランティアは言ったそうですが、やたら強気でかけてくる電話対応に負けたのか、譲渡の日が決まりました。当初はバスを乗り継いで来ると言われていました。本当に来るんだろうか?と信じがたい気持ちでボランティアも向かったところ、予告通りの日に自分が運転する車で迎えに来られました。
単身だが親戚がすぐ近くにいること、一軒家で環境はいいところだということ、親戚が最近、保護犬♀を飼い始めてその子と遊ばせると言われていたこと、さらには地元の愛護センターで取得した譲渡認定書を持参されて資格のある人間だとアピールされ、こちらから説明する条件もすべて承諾して帰られ、見送りました。

ところが夏以降から、様子をやり取りしていたボランティア(一時預かって馴らしていた者)の元に、攻撃的な文面と、返してもいいという不穏なメールが届くようになったそうです。
そこで改めて文書を飼い主に送り、真意を問うたところ、家族と話し合い、円満に返す結論に至り、来てもらえるならお願いしたいと言われました。「円満」という解釈の意味は理解できませんが、今回、鹿児島まで行ってきました。

片道8時間。走行距離往復で1200キロ。その男性の家がありました。
夏頃にケガをしたことで仕事も辞め、現在は首輪もつけずに部屋の中で軟禁状態とのこと。
登録もされておらず、ノミダニの薬をもらいに行ったことはあったが病院には連れて行ってないそう。
私達が来る前日にホームセンターで初めて首輪を買ったそうです。
当日、外につないでいたらハーネスが抜けてしまったらしく、私達が行ったときは庭の中を逃げ惑っているところでした。

ただ、飼い主とも親戚の方とも信頼関係は築けておらず、なかなか捕まりません。
1時間くらい経ったところで「助けを呼びました。」と言われて、現れたのがナント、鹿児島県警。
2人の若いお巡りさんから私達も事情を聞かれ、説明したところ、広島からはるばる来たんですか!と、大変驚かれ、一緒になって追い込んでくださっていたのですが、ついに敷地内から脱走してしまい、飼い主と警察が走って追いかけて行きました。
あーあ。ここまで来て野犬にさせてしまった。
想像を絶する展開にすっかり諦めモードになっていると、「捕まえました!」と飼い主から連絡が入り、飼い主の親戚の方に案内されて私達も車で近くの住宅地に向かいました。

逃げる犬を必死で捕まえた鹿児島県警、さすがです。
飼い主には警察からも問題点を指摘され、厳重注意を受けていましたが、その後、警察を見送ってからは私達も懇々とお話させてもらいました。
「とにかく今後、気安く犬を飼わないでもらいたい。」
それに尽きました。
CIMG1203.jpgDSC_0045.jpg
広島に連れ帰った子は帰りの車の中で何も口にせず、黙ってコトリとも音を出さずに固まっていましたが、どこかほっとしているようでもありました。馴らしで預かっていたボランティアの家に戻り、3回シャンプーしてきれいになったところで、安心したように食べ物に口をつけ始めたそうです。「えらかったねー。」というと、じーっと目を見て涙があふれたそうです。

今回のことは、よほどのことだと思いますが、改めて譲渡の難しさを痛感しました。
そして冷たい地に叩きつけられるように心が萎えてしまいました。
私達、市民ボランティアは無報酬で動いており、自分たちの時間を使ってやっているだけなので、できることには限りがあるのですが、かなり無理してしまいました。
そして今回、戻ってきた子のお世話をするボランティアには今後、負担が大きくなってしまいました。
また様子を見ながら、新しい飼い主を探すことになります。
人間は都合の悪いことは忘れ、今となっては過去のことになっていくわけですが、はるばる鹿児島まで行った労力と費用もかけたのでこちらで記事にさせてもらいました。今後のあり方の教訓にしたいです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ