393ナチ(MIX5歳・未去勢♂)は県のセンターに搬送されました!【呉市動物愛護センター】

【2017年9月28日更新】
ナチは26日(火)午前に県のセンターに搬送されました。
その後は保護団体のピースワンコに移動予定です。

CA3A0016_20170928075704c65.jpgCA3A0017_20170928075705ffe.jpg
CA3A0016_2017092807570648b.jpgCA3A0031_20170928075708aeb.jpg

(クリックをすると画像が大きくなります。)

ナチの搬送については、所長の判断のみで決断されました。
所長以外誰も知らされていなかったようで、
当日出勤していた職員でさえ、この日犬が搬送されたことを知らず、
午後から入ったボランティアが、「ナチ君がいない!」と聞いた時に
(その時所長は外出中)
初めて、その日搬送があったことを知った様子だったとか。
駐在している捕獲業者の方に至っては、勿論知らされておらず
当日の朝は他の予定を入れていたそうです。
勿論、私達ボランティアも全く知らされていません。
2日前の「愛護のつどい」でお会いしているにもかかわらずです。

今は犬舎が満室で、新たな収容動物が入ってきても
入れるところがなく、搬送に理解しないわけではありません。
ただせめて事前に知らせてくだされば、搬送先での申し送りの用意も
ボランティアで出来たのにと、無念さでいっぱいです。

所長は何ら問題なく、黙々と業務をこなされているのでしょうが
せめて他の職員間との伝達事項くらい徹底してもらいたい。
搬送を決定する身でありながら、イベント以外での休日出勤はされず
平日もお忙しくしておられ、事務所不在のことも多いようです。
ボランティアの立場から見ても、収容動物には全く関心なさそうで、
ワクチン接種日も、全員がわかるような管理にしようともされません。
わかる人がいなければ、「知らない。」で、終わり。
これが現状です。

飼い主の事情で、手放す選択をしなければいけないことが
誰しも起りうるとして、どうか愛護センターにゆだねることは
最後の最後の手段にして欲しい。
私達ボランティアもできる範囲で呉のセンターから新しい家族が見つかるように頑張るけれど、すべては救えません。

いつもまっすぐで、きれいな目をしたナチ君。
新しい環境でかかわる人たちにも愛されますように・・。


【いきさつ】
飼い主さんが病気で入院になり、
この子を託された身内の方も病気で入院。
とても可愛がっておられたそうですが、
所有権放棄という形で、やむなくセンターに収容されました。

お座り、お手、お代わりは完璧にできます。
人懐こく、人間には好意的ですが、
他の収容動物とは仲良くできません。
散歩は外で排泄をしたい方で、我慢していることも。
力はありますが、比較的扱いやすく、従順です。
ただ、隙を見せると調子のってマウンティングします。
フードは、ドライフードだけは食べず、魚缶詰が好みの様子でした。


CA3A0036_20170802204354472.jpgCA3A0021_20170802204353822.jpg
CA3A0033_20170802204351d9a.jpgCA3A0009_20170802204350261.jpg

(クリックをすると画像が大きくなります。)



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

387ハル(薄茶)(MIX・生後約11ヶ月♂)はセンターを後にしました!【呉市動物愛護センター】

【2017年9月24日更新】

昨日、ハル(陽)はボランティアによって
保護犬として引き出され、センターを後にしました。

CA3A0027_20170924080825951.jpg
昨年末、生後3カ月位で3匹兄弟で収容されたハル。
収容当初は人間が怖くて、ボランティアの手を噛んだことも・・。
でも昨日のハルは、散歩でたっぷり側溝で遊び、
迎えに来たボランティアに全身で喜び、
きれいに体を洗ってもらって、誇らしげにセンターを後にしました。
これからはしばらく環境に慣らしながら、
ボランティアの元で新しい飼い主を探されるそうです。
言葉にすれば簡単ですが、相当の覚悟を持って迎えられています。
そんなハル君と保護主のボランティアの未来に幸あれと願うばかりです。
今まで応援してくださいました皆様、ひとまず有難うございました。

CA3A0026_20170924084104be3.jpgCA3A0025_2017092408410207f.jpg


【いきさつ】
2016年12月、呉市上山田町から収容されてきました。
収容当初は生後3ヶ月位でした。

1474025285_122.jpg

このブログを見て、呉市動物愛護センターで保護されれば 飼い主を探してもらえると思わないでください。 万が一体調を崩しても、センターでは充分なケアもできません。 また暑さ対策さや来館者とのトラブル防止のため、表に出さないようことになりました。(ふれあい犬舎は見学できます。)収容動物を見学したい時は、事務所受付で職員さんに申し出してください。

続きを読む

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

89ミヤちゃん(MIX♀推定2歳位)は新しいお家が決まりました!【呉市動物愛護センター】

【2017年9月4日更新】
正式に譲渡希望との連絡が先方から入ったそうです。
トライアル成立です!!ミヤちゃん、おめでとう!
新しい家族と幸せに暮らすんだよ~。
ミヤちゃんを受け入れてくださったご家族には心から感謝します。
どうか大切に可愛がってあげてください。
くれぐれも脱走には気を付けてください。
(首輪が抜けない配慮と、迷子札装着をお願いします。)

そして今までミヤちゃんのことを応援してくださいました皆様、
本当に有難うございました!




【2017年8月28日更新】
みやちゃんは、只今、トライアル中です。
最近、愛犬を亡くされたご家族が来館され、
大人しいメス犬希望ということだったので、
ミヤちゃんをおすすめしました。
環境が変わることでまた警戒心が強くなり、
いきなり人にテンション高く近づかれたり、
突然の大きな生活音などでもビビってしまって、
後ろ足がガクガクになるかもしれません。

散歩でも、状況が理解できずに固まってしまうかもしれません。
そういう時は、沢山話しかけてあげてください。
人間のがっかりする気持ちや、焦る思いは必ず伝わるので
一緒にリラックスするつもりで、少しずつ距離を縮めていくのが、
ミヤちゃんにとってはいいように思います。
「おいでー」と言っても、よだれを出しながら
飛んで来るようなタイプでは決してありませんが
一緒にいるだけで穏やかな気持ちにさせてくれる子です。
どうかよいご縁になりますように・・・。
ミヤちゃん、ガンバレ!
CA3A0018_201708280750341b2.jpgCA3A0017_20170828075033216.jpg

(クリックをすると画像が大きくなります。)

ミヤちゃんの収容から現在までの過程は
「つづきを読む」からご覧ください。


【いきさつ・収容当初の様子と写真】
CA3A0024_20170626084634f2a.jpgCA3A0024_201706260845477ce.jpg
苗代のコンビニ付近で
放浪していたところを捕獲され、収容されました。
収容当初は感情を捨てた子のように無表情。
そっと近づいても後ろ足がガクガク震えているような状況でした。
攻撃性はなく、首輪をつけて散歩に連れ出すも、
なかなか自分から歩き出そうとせずにいました。


続きを読む

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ