FC2ブログ

423松子ちゃん(柴犬風♀推定15歳位)はお家が決まりました!【呉市動物愛護センター】

【2019年2月8日更新】
先月、松子ちゃんがセンターに来てくれました!
穏やかに余生を過ごしているとお聞きし、ふかふかになっている松子をヨシヨシさせてもらって、胸がいっぱいになりました。
ここまで落ち着いた状況になるのは並大抵なことではありません。あのままセンターにいたら亡くなっていたと思います。
なぜか数年に一度、必ず似たような状況で(溝に落ちていた)柴犬の老犬がセンターに来る不思議。
どうか松子ちゃんで最後にしてほしいです。
CIMG1487.jpgCIMG1488.jpg
CIMG1489.jpg


【2018年11月12日更新】
松子は、病院に連れて行ってくださったボランティアさんのお家の子になりました。
アレルギーから来ていたという皮膚の状態は投薬と食事で改善して、
今では見違えるようにフカフカになっていたそうです。
(立ち合った他のボランティアが写真を撮ってくれました。)
愛情をそそいでもらって、松子はとても幸せそうです。
ただ、看取り覚悟でシニア犬を迎えるということは大変なことです。
Iさんには本当に頭の下がる思い・・。有難うございました。
そして松子ちゃん、これからは穏やかな時間を過ごしてね。
1528632255_101.jpg1528632608_211.jpg

(クリックをすると画像が大きくなります。)


【2018年10月17日更新】
松子のことを気にかけてくださる方がボランティアで病院に連れて行ってくださいました。
高齢ということもあり、色々、病気を持っていることがわかったそうです。
でも最大の問題はフィラリア強陽性だったこと。
予防薬は飲ませてもらっていなかったようです。
今は病院通いをしながら、ご自宅で介護してくださっています。
よって、松子は現在、愛護センターにはおりませんが、
こちらでは引き続き、迷い犬として掲載を残します。


2018年10月7日更新】
片方の鼻から時々出血しているのは、中の皮膚が悪いのかもしれません。
何かにぶつけてではなさそうですが、ボランティアが松子の部屋をクッションで覆ってくれました。
この子の飼い主さんはどこで何をしているのでしょう・・・。
CA3A0006_20181007112339e35.jpg
[広告] VPS



【2018年9月21日更新】
まだ問い合わせも、お迎えもありません。
センターでは名前を松子(まつこ)と呼んでいます。
ちょうど2年前にもほぼ同じ場所で皮膚病の高齢柴犬が収容されてきており、その子の名前がウメ子だったので・・。
ウメ子の詳細はこちら 

松子は収容当初よりも足取りがしっかりしてきており、目ヤニも減りました。
爪を切ったことで歩きやすくなったのか、すたすた歩きます。
只今、2度薬用シャンプーをしており、効果を見ているところです。
[広告] VPS



【いきさつ】
呉市広白岳2丁目付近の水路に落ちているところを保護されて、
9月6日にセンターに収容されました。
収容当初、首輪はついていませんでしたが、首輪の跡はありました。
推定年齢は15歳位。
皮膚の状態がとても悪く、目ヤニが出て目もあまり見えていない様子。
耳の中の皮膚が硬くなっているせいか、音の反応もほとんどないです。
CA3A0076.jpgCA3A0016_2018091021014439d.jpg
週末、ボランティアが薬用シャンプーしてくれました。
お口も出ずに、いい子にしていたそうです。
皮膚病からくる独特の匂いも消えて、きれいになりました。
爪も伸びきっており、巻き爪になっていたので切ると、
抱っこから降ろしたら、しばらく何か考え込んでおられるような・・・。(下写真右)
でも、かなり歩きやすくなってるはずです。
今のところ、食欲もあり、便の状態もよかったです。

CA3A0011_20180910210147225.jpgCIMG0959.jpg

(クリックをすると画像が大きくなります。)

このブログを見て、呉市動物愛護センターで保護されれば飼い主を探してもらえると思わないでください。 万が一体調を崩しても、センターでは充分なケアもできません。また来館者とのトラブル防止のため、表に出さないようことになりました。(ふれあい犬舎は見学できます。)収容動物を見学したい時は、事務所受付で職員さんに申し出してください。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

迷い犬(MIX茶毛♀推定9歳位)はピースワンコに移動しました!【呉市動物愛護センター】

【2019年2月7日更新】
1/29、ピースワンコに移動しました。
この子をたまたま保護された方もずっと気にかけておられ
何度もセンターに足を運んでフードなどの寄付や、
散歩しに来てくださいました。

そして結局、飼い主さんは現れませんでした。
環境が変わったことで、犬舎では人の気配があるとずっと鳴き続けており
ストレスからか血便が出ていたこともありましたが、
この頃は少し落ち着いて、食欲も出て体もお肉がついてきました。
ただ、このままセンターにいることは叶わず、愛護団体に移動しました。

探す術を知らなかったのか、敢えてこの子を見捨てたのか、
お座りもお手も教えておきながら、いかなる事情があるにせよ、
飼い主の無知で罪深い行動に憤りを感じます。


【2019年1月9日更新】
昨年12月26日に阿賀北で保護され、センターに収容されました。
首輪は この子を見かけた人がつけていたもので
とても懐こいので、いつか家に帰るだろうと思っていたそうです。
推定年齢は呉市のサイトで9歳になっていますが
歯はきれいで、もう少し若いかもしれません。
お座りもでき、散歩も従順で扱いやすいです。
環境の変化で、不安なのか、人の気配があるとよく鳴きます。
「うるさいよ!」と言いながら近づくと、申し訳ないように腰を振って甘えてきます。
飼い主さん、早く迎えに来てください!
またこの子を知っているかもしれないという方は 是非、お問い合わせください。

呉市動物愛護センター 0823-70-3711


CA3A0025_20190109084109ea2.jpgCA3A0013_20190109084110887.jpg
CA3A0029_201901090841134bd.jpgCA3A0014_201901090841129d0.jpg
(クリックをすると画像が大きくなります。)

続きを読む

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ