仔犬の飼主さん募集について【呉市動物愛護センター】

【2017年9月24日更新】

本日、譲渡対象子犬がデビューします!
「いい家族にもられるんだよー。」と、心から願いつつ、
昨日は、13頭をびしょびしょになりながらも、
必死でシャンプーしました。
中には収容されてからは初シャンプーの子もいましたが
暴れることなく、皆、いい子でした。気持ちよかったのかな。
CA3A0047_20170924080819f44.jpgCA3A0051_20170924080822dbb.jpg
CA3A0042_20170924080821c7a.jpgCA3A0038_2017092408082321f.jpg

(クリックをすると画像が大きくなります。)

今回はこのイベントに併せ、
譲渡デビューをまとめて出されましたが
子犬の収容は常に途絶えることなく、年中入っており、
(今も犬舎内に様子見の子がおります。)
その都度、譲渡もしています。

それぞれ個性や見た目は違っても、
飼い主さんが真摯に向き合い、愛情をかけ続けてあげれば
どんな子も裏切ることなく人を信頼し、寄り添ってくれるはずです。

たとえ今回は、ご縁がなくても、
ご家族で時間をかけてよく話し合われ、
是非、何度かセンターに足を運んでください。
また子犬以外に成犬を迎えるという選択肢もおすすめします。




子犬を迎えられた方へ
とても懐こい子もいますが、環境に慣れるまでは
人間同様、時間がかかります。どうか優しく接してください。

可愛いからと抱っこしてかまいすぎず、
ちゃんと休ませてあげてください。
つなぐ時は必ずチェーンでお願いします。
布製では暇な時にかじって、脱走する可能性があります。
首輪の装着チェックも毎日してください。
腕時計のように指1本入る程度の加減が目安です。
特に呼び寄せができない段階での散歩は、ハーネスも装着してください。
家の中などで自由にさせる場合でも、輪っかを切って(物に引っかからないように)
リードをつけることをおすすめします。
それから譲渡の後、最寄りの行政機関で犬登録を必ずしてください。

譲渡後の脱走はとても多いです。
慣れてきた子でも厳重にしてください。

万が一、脱走した場合や、何か困ったことががありましたら
呉市動物愛護センター(0823-70-3711)に相談してください。

獣医の資格を持った職員が3名おりますし、
脱走した場合の対応について説明してくださいます。


【ボランティアからのお願い】
土日、ボランティアに入っておりますと、
沢山の家族連れの方が来館されます。
子犬は可愛いので、特にお子さんは
駆け足でサークルにいる子や、ふれあいコーナーに向かわれます。
これが人馴れしていない収容動物には恐くてたまらないようです。

大人の来館者も動物園感覚で来られ、抱き上げ、
時には子供にも抱かせている光景を目にしますが
万が一、子犬が嫌がって暴れて、
その子の手からすべって落としてしまっても
愛護センターでは充分は手当はできず、
譲渡のチャンスがなくなる可能性があります。
またお水が飲みたくても飲めない状況でいると
脱水状態になる危険性もあります。
もともとビビりの子は、無理に抱っこされることで
さらに人間嫌いになってしまうこともあります。
動物たちを思いやる配慮をどうか宜しくお願いします。


2011年8/7・追記で2012年3月11日に開催された、
しつけ・飼い方セミナーでのレポートを載せています。
よかったらの参考にしてみてくださいね!
詳しくはこちら  

子犬時は大変可愛いので、気持ちは充分わかりますが
衝動的な思いだけで、もらって行かれるのは絶対にやめてください。
譲渡されていく子を見送るのは、私達ボランティアの願いですが、
それでは、その子やご家族の将来を考えた時に、
不幸な動物をまた増やすことにつながりかねません。
どうぞ、しっかり頭を冷やして、ご家族とよく話し合われ、
環境を整えてから家族に迎えましょう。宜しくお願いします。
こちらも是非、ご一読ください。 「犬を飼うってステキです―か?」

【収容場所】呉市動物愛護センター
【動物種別】犬・雑種
【性  別】オス・メス
【年  齢】約2ヶ月~3ヶ月
【大きさ】 成犬時は中型(10~20キロ)になると思われます
【健康・性格】良好
【問合せ先】
 呉市動物愛護センター (0823)70-3711
 
【その他】
 仔犬は出入りが激しいため、写真と同じ仔がいるとは限りません。
 常時受け付けておりますので、ぜひ見学にお越し下さい。
 お子さん連れの方は優しく仔犬に接してあげて下さい。

 譲渡になる犬には、5種ワクチン接種を1回しています。
以下の病気に適応しています。
 犬ジステンバー
 犬アデノウイルス(2型)感染症
 犬伝染性肝炎
 犬パラインフルエンザ
 犬パルボウイルス感染症
 混合生ワクチン

 一頭でも生きるチャンスを与えるため、
 譲渡率を上げる努力をしていますが
 引取りや捕獲数を減らすためには、
 捨てる人やエサやりさんの意識が変わる以外に、
 避妊・去勢手術の普及、迷子札の装着などの
 皆さまのご理解とご協力が必要です。


 不幸な動物を減らすためにも、どうかご協力よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ