A4 仔猫ミィちゃんのお家が決まりました【広島市・個人】

【2007年11月18日追記】
保護されたしげさんが家族として迎える事になりました。


仔猫のミィちゃん仔猫のミィちゃん

10月末に決定したお話を聞いていたのですが、更新が遅くなってしまいました。すみません!><
ご協力、応援してくださった皆さま、本当にありがとうございましたm(_ _)m

保護の詳しい経緯はこの記事の最後の追記をご覧ください。

【番 号】 A4
【保護日】 2007年8月24日
【撮影日】 2007年8月24日(撮影者:しげさん)
【保護場所】広島県広島市
【動物種別】雑種
【性  別】メス
【年  齢】生後3~4ヶ月くらい(2007年8月30日現在)
【毛  色】写真参照
【性  格】とても元気で無邪気
【問合せ先】受付は終了しました。
【その他】
 広島市動物管理センターに連れて来られた所を保護しました。
 詳しい経緯は下記をご覧ください。

【2007年8月28日しげさんのmixi日記より】

《この日》別の用事で中区にある【広島市動物管理センター】へ行くことになっていました。
いわゆる【保健所】。

ほんとは午後から行く予定だったけど、早朝に“シーズー”を保護したこともあり、予定を変更し午前中に行くことに。
受付のところで職員の獣医さんとの短い会話も終わり、そそくさと帰ろうとしていると。。。

なにやら体には合わないくらい大きなケージに入れられた、まだ小さな仔猫がやってきた。

初老のご婦人は受付でA4サイズの紙に何かを記入している。

少し離れたところから様子を見ながら、目の前にいる獣医さんにそぉっと聞くと、、、

      【放棄】だと言う。。

やっぱりか。。。。。

仔猫は自分の置かれている状況も気にせず、ケージの中で無邪気に遊んでいる。。

ものすごく胸が締め付けられるように痛くなった。

救ってあげたいけど、ついさっきも“シーズー”を保護したばかり。。

一人身の僕には、これ以上なんにも出来るわけなんてない。。。

どうしようもない。
仕方のないことなんだ。

そう、、必死に自分に思い込ませようとした。

書類への記入が終わったのか、ケージを持ち上げ一階にある【保管室】へ、今まさに連れて行かれようとしている。

この間、長くておよそ5分。。。

冷静に考えてる《間》なんてなかった。

ただ解っていたことは、このまま見過ごせばこの仔は確実に【ガス室】へ送られること。
仔猫なんてたくさんいるから“譲渡希望者”が現れることは、、、
、、、、、、まず、、、無い。。

そのまま真横を通り過ぎようとしている時、、、、、

、、、、、思わず呼び止めてしまった。。

なぜ、、呼び止めたのか?
わからない。。

でも、そのまま見ないフリして家路に着けば、必ず重たい後悔の念が押し寄せてくることだろう。
しばらくの間はそれが重しとなって、なんにも手につかないだろう。。

なら、、、、仔猫1頭くらいなんとかしてやる。
後悔して過ごすよりは、その方が何十倍もいい。。

ケージから勢いよく飛び出してきた“この仔”はずいぶん人馴れしているようで、甘えて体をすり寄せてくる。

《前日から庭にいたので連れてこられたらしい。
 その方は昔何度もネコを飼ったことはあるんだけれど、
 いっつも車に轢かれて死んでしまう。
 今の家にはすでに小型犬がいて、ネコは飼えない。。。。》

複雑だった。。とても。

1~2分話した後、動管の職員さんに思わず聞いてみた。

『さっきの手続き、無効に出来ますか?』と。。

この時、心のどっかで“無効になんて出来るわけもない”

そして、もしかしたら“そのこと”を【期待した】のかもしれない。

それが“自分への言い訳”になるから。。

しかし、、、、答えはあっさりok

え?とは思ったけれど

『じゃァ、、、、、、連れて、、、、かえり、、、ます、、』と言うと、、

“この仔”を連れてきたご婦人がいきなり目の前で泣き崩れた。。

よほど【この決断】を下したことが辛かったんだろう。

帰り道。。
車の後部座席でいびきをかきながら眠っている姿をみて、間違っては無かったんだ。
と自分に言い聞かせた。

あまりに【咄嗟の判断】過ぎて、“連れて帰った”という実感が沸いてくるのは、それからのち数時間が経過してからの事でした。。

さて、、、、

この仔猫。。

連れて来られた時、【ミィ】と呼ばれていた。
生後3~4ヶ月くらいの女のコ

ウチにはすでになんやらかんやらで3頭いる。
独身で4頭はありえんじゃろぅー?

いゃ、、、見方を変えれば3も4も一緒か??

イヤィャいかんぃかん

とりあえず、、、、里親さんを探す方向で。。。

でも、、、、

あれから数日。。。

ひいていた風邪もよくなりつつあり、先住猫にものすんごい馴染んでる。。

で、、またね めちゃくちゃかわェェんですこれが

えらいこっちゃです


どなたか、この仔と一緒に暮らしたい方おられませんかー?

譲渡条件は、か~~なり厳しいものになるかと思われますが。汗

スポンサーサイト
画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ