しつけ・飼い方セミナーのご案内【呉市動物愛護センター】

【2017年8月9日更新】

日時 2017年8月6日(日)13時~16時
     終了しました! 
場所 呉市動物愛護センター(くれアニマルパーク)
    呉市郷原町2380-319
参加費 無料
申込 8/5までに電話にて受付(0823-70-3711)
定員 50人


呉市では年に2回、犬のしつけ・飼い方教室が開催されています。
犬の公認訓練士をお招きして、分かりやすくモデル犬を使っての実演指導を
途中何度か休憩をはさみながら、楽しくすすめてくださいます。
人間にとっても犬にとっても大切なしつけ。
夏休み期間中ですし、犬の成長や人間の環境の変化で
この機会に改めて飼い方を見直されてはいかがでしょうか。

質問コーナーもあります。
呉市以外の方でも参加OKとのことです。
是非、ご家族でご参加ください。


なお、犬の同伴は、他の犬や収容動物との
トラブル回避のためご遠慮願います。


飼い方セミナー2012.3.11

2011.8.7のレポートに
2012.3.11分のものを追記しました。
より内容が濃いものになっています。
興味のある方は是非、「続きを読む ↓ 」から、ご覧ください。


(しつけ教室の前に・・)

・命ある動物の飼い主として責任を持ちましょう。
・動物の習性などを理解して、正しく飼いましょう。
・動物が人に迷惑をかけないように配慮しましょう。
・飼っている動物から人にうつる感染症の知識を持ちましょう。
・名札等で動物の所有者を明らかにする措置を講じましょう。


飼い方セミナーレポート☆
          2011.8.7 公認訓練士 西山先生
                 2011.3.11追記


【犬をしつける時】

基本的にしつけを教える時は、その子が空腹状態であること。
お腹一杯の時にいくらしつけをしても、効果が出にくい。

また、しつけに関しては、いろんな専門書や情報があふれており
一番大切なことは、その子の個性を把握すること。
問題をクリアできる方法を見つけ出すこと。
たとえば過去のトラウマで、犬が嫌いな子や、子供が苦手な子がいた場合
無理せずに、飼い主さんがフォローしてあげることが大切です。


首輪・・通常は平たい首輪でよい。家の中にいる時も必ず装着すること。
    人間がつける腕時計の感覚で、指が1本入る位が目安。
    そして、迷子札。ただし、子犬の場合は首輪に直接書くのもいいそうです。
    (首輪がしていない犬が愛護センターに収容された場合、
     明らかに飼い犬とわかっても、保護期限が短く、処分にまわされます。)
    大型犬用でチェーンタイプのものがあるが、
首を締め付けるのが犬にとっても苦痛であり
    あまり効果はなく、危険で避けた方がよいと思う。

ハーネス(胴輪)・・基本的に首輪だけでいいが、興奮するような人が多い場所に
          行く時などは両方つけて散歩すると制御ができやすい。

紐・・・平たいリードがおすすめ。長さは通常1.2m
    室内飼いの場合も、しつけ中は子犬の場合、引っかかるので
輪っかを切って リードを装着しておくといいそう。
    但し、留守の時など監視できない時ははずす。
    先生はロングリードも高速道路のドックランなどで使われる程度で
    普段はほとんど使われないと言われていました。

しつける際は、ウエストポーチや専用のエプロン、ポケットなどに
事前におやつを入れておき、手ぶらの状態でしつけをすること。
おやつの袋を片手にしつけをしても、まるで「財布を持ったお母さん」状態で
犬は飼い主からもらっているという認識がうすくなるんだそう。

・おやつは、その子の大きさに合った量。
1回につきドライフードなら1個で充分。
ジャーキーならば小指の先程度。何回も(最低でも一日100回)繰り返す。
特に子犬の頃はお皿であげるのをやめてみて
100%がしつけのごほうび分でいいそう。
その他の場合も、食べた分を考慮してフード量を調節すること。
すぐに覚える子もいれば、半年もそれ以上もかかる子がいるので
根気強く、楽しみながらしてみてください。とのことでした。


☆ ☆ ☆ ☆

ごほうびのおやつは人間の頭上に掲げない。
(上ばかりを見てしまうから)
必ず飼い主の中心(胸あたり)に持っておく。
犬が混乱するので、言葉の合図は、家族で統一すること。

【しつけの初歩】
・まずはお腹がすいた子に、おやつを見せて、持ったまま離さず
手を左右に動かし、マグネットのようにくっついてこさせて
与える。を、繰り返す。

【お座りのさせ方】
・ごほうびを頭の上に持っていく。最初はひたすら頭をあげる練習から。
・お座りができるようになったら、歩きながら立ち止まったら座るを
 繰り返す練習。
・最初からおやつを持っていなくても、座ったら取りに行ってあげるようにする。

必ず、言葉でまず褒めてから、ごほうびというのが正しいそうです。
同時ではおやつを食べることに集中してしまうので、
褒め言葉が耳に入っていないそう。
無理矢理、腰を押したり、お座り!と怒鳴るのはあまり効果ないそうです。
(勿論、中にはそれで覚える子もいるでしょうが・・)

【伏せのさせ方】
おやつを持って下におろす。胸がついたらご褒美。
自分も膝を立てて座り、おやつを見せて、 足の下をくぐらせてご褒美。
手をグーにしながらしゃがんで、伏せをしたらご褒美。
椅子に座って椅子の横でやり、最終的には椅子に座ったら横で伏せるように練習。

伏せをしてもすぐに立つ子は、足と足の間におやつを置いてあげる。
遠くへ投げても戻って来て伏せるようになれば、「かしこいね。」と褒めてご褒美。


【待てのさせ方】
器にフード1個入れて練習。
頭上に器を持って行き(お座りと同じやり方)バタバタしたら器を落とさない。
座ったら床に置くようにする。
次に置いてから、「いいよ」というまで待たせる。
そんなに長くなくてもOK。とにかく「いいよ」という合図を覚えさせる。

【呼び戻しのさせ方】
最初はリードをつけた状態でしつける。
次にご褒美をあげながら首輪を持つ。あげると同時に離す。
首輪を持たれると、ご褒美をもたえることを覚えさせる為だそうです。
これを繰り返していれば、最終的には「おいで」と言って来たら
犬はいいことがあると思っているので、首輪を持てるようになるそうです。

褒めるときに、手で触られるのが嫌な子もいるので(日本犬、特に柴犬)
そういう子には、特に言葉でほめてあげて、ごほうびをあげると良いそうです。

----------------------------------------


【落ち着いた子にさせたい場合の対応】
基本、人が近づくと嬉しいので、しつけ中は
それに火をつけるように人間が両手を広げて
うわーっと興奮してはダメなんだそうです・・。
特にダックスは叱ると嬉しくなる習性があります。
最初は目を合わせないくらいの感じで
冷静に近付いて、まずは落ち着かせることが大事だそうです。

また嬉しくておしっこしてしまう場合も
極力、人間が興奮して大騒ぎせず、
クールダウンのスイッチを入れてあげることが大事。

その他には、大型犬は無理ですが、小型犬や子犬の場合、
ひざにのせて(その場合、自分の方向に向けずに正面を向かす)
落ち着かせるといいそう。
大きい子も後ろから両手でその子を包むように輪を作って囲んで
じっとしていられるか・・から試して、
ゆっくり上から下までなでるように触ってあげる。
内臓の働きもよくなるし、精神も落ち着くんだそうです。

特にツボがたくさんあるので、耳を触るといいそうです。
犬種によっては冬場は耳に霜焼けができる子もいるそう。
テリントンタッチなど、マッサージの効果のある触り方のコツは、
一周と四分の一時計周りでいうと、6時から9時。
円を描くようにゆっくりゆっくり触ってあげてくださいとのこと。
このときに人間の気持ちが絶対にイライラしてない、
リラックスした状態であることがとても大切。
勿論、猫にも効果があるそうです。

比較的、犬は耳の付け根に力が入っている子が多く、
怖がりの子は尻尾がこっているので、尻尾の付け根を触ってあげるといい。

【散歩中に引っ張って困る子の場合】
口輪のような「ジェントルリーダー」と
もう少し口が開けられる「ハルティヘッドカラー」というのを紹介されていました。
ハルティーの方が安価で、犬にとっても負担が少ないそう。
ただ、このようなものを装着するのは、最初からはなかなか難しく
無理矢理に装着しても嫌がるので、まずはリードの持ち手の輪っかを
口にかけさせてくれるかどうか・・というところから始めて様子を見てみる。

それに慣れてきたら装着。口を制限するとある程度、おとなしくなるそう。
一般的なのは、イージーウォークハーネス(胴輪)と通常の首輪と
二重につないで散歩するのは効果あり。
前回、長めのリードにして前の肩に回して連れていくだけでも
制御がきくというお話がありましたが
センター犬で試したからかもしれませんが、
私の場合はうまくいきませんでした(泣)。

ちなみに散歩に関しては、仔犬の場合、抱えて人間が散歩するだけでも
いろんな情報(風景や匂い)が刺激になり、運動になるそうです。


【何でも齧って困る場合】

犬用のかじるものを与える。これは絶対に必要とのこと。
犬は噛みごたえを求めている。
ぬいぐるみのようなものより、特に若い子は
普通のフードにプラスして、専用のガムなどを与えるといい。
留守で一人でいるのがいやな子の場合、
先生は夏などドライフードをふやかして、穴のあいたおもちゃ(コング)に
詰めて冷凍しておき、与えてから出かけるそうです。
今の飼い犬は、結構退屈している子が多いらしい。
自分で考えて知恵を使って解決できる与え方は、
その子のストレス解消になるそうです。


【マウンティングで困る場合】
マウンティングは自分の方が強いぞ!という
権力を現わしたい時にする場合もある。
6か月を過ぎると人間でいう高校生くらいの成長なので
この時期をストレスなく過ごさせるためと、前立腺や子宮の病気にならないように
するため、早目に去勢・避妊をしてください。

【ビビって怖がる場合】
特に小型犬・子犬の場合は、前からわーっと近づいて抱くのを
とても怖がります。そういう場合は、横からすくってあげるといいそうです。
前足の脇を抱えて上に持ち上げるのは絶対にNG。
(これはセンターに子犬を見に来られる方の中にも時々いらして、
注意させてもらってます。)
勿論、抱っこしている間は絶対に手放さない。
おとなしくなったら、褒めて下ろしてあげる。
犬の尻尾が下がっていたら、抱っこはお勧めしないそう。

【トイレのしつけに関して】
犬は基本的に寝床以外は汚れていても気にしないので
猫ほどに、トイレを置いておけば、決まったところに用を足したりしない。
ただし、基本、汚れたらまめに取り替えてあげる。
しつけの段階ではトイレ用に敷くペットシーツはゆとりを持って敷き
シーツも2枚から4枚は必要。またその子の行動範囲を狭くしておくなど
空間管理をしてあげる。トイレしつけの場合、生活ノートをつけるのも参考に。
ちゃんと定位置に行って用を足した場合は、言葉でほめてからご褒美をあげる。


【一緒に寝てもいいのかどうかについて】
幼い頃はゲージを寝室に置いて一緒に寝てあげてもいいが
一人でも寝れるようにしておいてあげることも大切。
あまり一緒に寝ることを習慣にしてしまうと、
留守をする時や、その子が入院する時などの事態に
対応できなくなるため、おすすめではないそうです。

【洗うのが嫌いな子に関して】
基本的に日本犬、はトリミングが嫌いなのだそうです。
柔らかいブラシでといてあげたり、洗うのが嫌いな子は
固く絞ったタオルで拭いてあげたりなど、無理しすぎないことが大切。

先生はトリマーに出す場合、誰でもいいわけではなくて
ちゃんと選ぶと言われていました。
犬の習性を理解しないで、ひどく叱りながらトリミングをする人はNGのようです・・。





年に2回開催されるそうです。
質問コーナーもありますので、まだ参加されたことがない方は特に
是非次回は参加してみてくださいね!!
案外、簡単な方法が見つかるかもしれませんよ。
私も2回参加させていただいて、改めて思ったことは
まずは、こういった知識を知っているのと知らずにいるのとでは
大きな差があるということ。
大切に飼ってあげていても、人間の事情で
手放さなくてはいけない事態になるということは
100%ない!とは誰しも言い切れません。
万が一の場合も、しっかりしつけができていれば
その子の命が救われることもあるでしょう。
動物を飼うということは、可愛いだけではなく、
手もかかり大変ですが、その分、家族を笑顔にしてくれたり、
与えてもらうこともとても多いですよね。
是非、しつけも、その過程を楽しみながら
頑張ってみてください♪
スポンサーサイト

テーマ : わんこ生活
ジャンル : ペット

画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ