386ボス(MIX♂ 四国犬風 1歳位)の飼い主さんを募集しています!【呉市動物愛護センター】

ボス&ワンダ兄弟も1歳を過ぎましたので、
記事をそれぞれ独立させました。


【2017年10月2日更新】
この頃は子犬馴らしは自分の役目だと、
彼なりに理解しているかのようなボス君です。
一緒になって走ったり、飽きずにかまってあげたりとまるで保育士犬。
入ったばかり馴れない子がボランティアに抱き上げられて
カチカチにかたまっているのを見つめる目は真剣でした。

DSC03260.jpgDSC03261.jpg
CA3A0020_201710021533128a5.jpgDSC03262.jpg
(クリックをすると画像が大きくなります。)
ボス・ワンダ兄弟も、この10月で収容されて1年が来ました。
年齢も1歳を過ぎ、まだまだ元気いっぱいです。
最初の散歩は引っ張りもぐいぐい強いけど、
気遣いながら歩いてくれる事もあり、
周りのことをよく見ており、性格も体格も定着してきました。
ボランティアが終わって犬舎を去るときに「また来るからね!」
と、声をかける時に見せる表情や、甘えてすり寄ってくるところは
何とも言えず、このままずっと横に座ってお話していたい位です。
この子たちにどうかよいご縁がありますように。


【収容当初の様子】
2016年10月、生後2カ月位で音戸町田原より
6匹兄妹で収容されました。

田原兄弟
【生後4ヶ月位の頃】
DSC02436.jpgDSC02434.jpg
(クリックをすると画像が大きくなります。)

過去記事は「つづきを読む」をクリックしてください。

このブログを見て、呉市動物愛護センターで保護されれば飼い主を探してもらえると思わないでください。 万が一体調を崩しても、センターでは充分なケアもできません。 また暑い時期でもあることと、来館者とのトラブル防止のため、表に出さないようことになりました。(ふれあい犬舎は見学できます。)収容動物を見学したい時は、事務所受付で職員さんに申し出してください。


【2017年8月15日更新】
ボスの魅力は何といっても、ピュアハート。
それが心閉ざした子犬にも伝わるようで大喜び。
簡単に飛び越えられそうなサークルも出ようとせず
面倒をよく見てくれます。
犬舎では、ヨシヨシしてあげると、ゆっくり体を倒して
お腹を見せて甘えるところが、たまらなく可愛いのだけど
なかなか写真を撮らせてもらえません。
散歩での引っ張りは最初は強いですが、
無茶苦茶な動きはしません。
ただ、仲が悪い♂犬には向かっていくので制御が必要です。
大型犬の扱いに慣れている人なら問題ありません。
よいご縁がありますように・・。

CA3A0011_20170815103131b4b.jpgCA3A0014_20170815101315751.jpg
CA3A0010_20170815101309a3c.jpgCA3A0041 (7)
(クリックをすると画像が大きくなります。)


【2017年7月5日更新】
犬舎内シリーズ。
ボスは先週末も保育士犬をやっていました。
ワンダ君はマイペースですが、
ボスはいつも子犬と一緒になってサークル内を走りまわっています。
犬舎内でカメラを向けると、甘えて寄ってきて
お腹を見せてゴロンと横になりました。
よいご縁がありますように・・・。

DSC02974.jpgDSC02975.jpg
DSC02953_20170705101745592.jpgDSC02945_20170705101747a7f.jpg
(クリックをすると画像が大きくなります。)


【2017年6月13日更新】
今までいろんな収容動物を見てきましたが
ボスは子犬に大人気。まるでセンターの保育士犬です。
とにかく天真爛漫で、体はすっかり大きくなって強面ですが
いまだにワンダと小枝の取り合いをしますし、
やさしい性格なのが犬同士でわかるのでしょうね。
最近は暑くなり、散歩では側溝に入るのが楽しいようです。
最初の散歩では引っ張りも強いけれど、
ヨシヨシされると嬉しそうに尻尾を振って甘えてきます。
帰りにガムのおやつをあげると夢中で
何とも憎めない可愛さがあります。
知らない人には少々こわがるところもありますが
馴れるまでにはそんなに時間はかからないと思います。

CA3A0010_2017061311175015c.jpgCA3A0044_20170613111748691.jpg
CA3A0013 (3)CA3A0025_20170613111908c00.jpg
(クリックをすると画像が大きくなります。)


【2017年3月27日更新】
あさまちイベントにボス君を連れて参加してまいりました。
車中では、最初は緊張した面持ちで、ものすごい力で
踏ん張って立っていましたが、途中からは伏せの状態で
隣に座る私に体をピタッとつけておりました。
もっと落ち着かない様子を見せるかと思いきや、
とてもおりこうでした。
街中に入ると、歩行者を見て、「ウォ、ウォ」と吠えたりもしましたが
楽しそうでもあり、「人がいるよ!」って意味だったのかもしれません。
まずは現地到着後、慣らすためにしばらくウロウロ。

CA3A0003_20170327200440e0c.jpgDSC02815_20170327200438074.jpg
にぎやかなところに来たなー。と、キョロキョロ。
CA3A0006_20170327200730719.jpgDSC02819.jpg
子供に囲まれても、大人しく触らせていました。
見た目は強面かもしれませんが、本当は気が小さくて
甘えん坊なボスなのでした。
いつも平日に来てくださるボランティアのおじさまも
応援に駆けつけてくださり、ボス君はちゃんと覚えていて
甘えるように体をゆだねて、尻尾を振っていました。

DSC02821.jpgDSC02820.jpg
センターに戻ってからは、いつものリラックスした様子のボス。
この日の午後はNPO法人SPICAさんの学生ボランティアがあり、
犬舎内はにぎやかな声に包まれました。
そしてボスは・・やさしく近づいてくれるお兄さんに縮こまってしまい
何だかめまぐるしく色々あった一日になったのでした。

CA3A0012_20170327201629a4f.jpgDSC02822.jpg
ボスの現在の体重は16キロ。
兄弟犬のワンダはボスより体格が小さめです。



【2017年2月20日更新】
最新の写真を更新しました。
兄弟で収容され4ヶ月が過ぎようとしています。
センターではとにかく元気いっぱいで、
以前は容赦なく飛びついて来ましたが、
この頃は少しだけ落ち着いてきたような気がします。
体格も大きくなり、ボスなどはすっかり成犬のよう。
犬舎でもリラックスした様子で座っており、
目が合うと尻尾をブンブン振って応えてくれます。
ワンダはマイペースで、おやつのジャーキーにはすぐに飛びつかず
他の子が食べ終えた頃に、後でゆっくり味わうタイプ。
いつもよだれを垂らしたボスが柵越しに
「イライラするー!」と、吠えられています。
そんなボスには、皆のフードを作った空になった大皿を
サービスで与えたら、嬉しそうにピカピカに舐めていました。
個性が出てきて、見ていて面白い兄弟です。

CA3A0022_201702201630314a1.jpgCA3A0027_20170220163643613.jpg
CA3A0051.jpgCA3A0039_201702201630345da.jpg
(クリックをすると画像が大きくなります。)

【2017年2月3日更新】
子犬記事から独立させました。
写真左がボス君。4本足全部に狼爪があります。
性格ははフレンドリー。雄犬らしく元気いっぱい。
大きくなって毛長になり、さわり心地いいです。
顔はつぶらな目が特徴。
写真右はワンダ君。ボスに比べておっとりさん。
ドックランでも一人で木をかじったりしています。
性格はフレンドリー。食欲旺盛です。

CA3A0026_201702032147429b3.jpgCA3A0025_201702032147405e8.jpg
CA3A0028_2017020321474550f.jpgCA3A0007_20170105085537fa1.jpg



【番  号】  386番
【保護された日】 2016年10月
【保護された場所】 呉市音戸町田原
【収容期限】 様子見です。
【収容場所】 呉市動物愛護センター
【動物種別】 MIX 
【性  別】 ♂
【年  齢】 1歳くらい
【特徴・性格】 人見知りするところあり。実は天真爛漫で甘えん坊。
子犬に大人気   
        
【譲渡について】
以下の条件をお約束いただいています。

 ●ペット可住宅にお住まいの方
  (賃貸、集合住宅にお住まいの方は、
  ペット可を証明できる書類をご持参ください。)
 ●家族全員の同意を得られた方
 ●動物アレルギーのご家族がいらっしゃらない方
 ●家族の一員として最期まで可愛がってくださる方
 ●動物病院に連れて行き、
  健康診断を受けさせ、不妊・去勢手術を必ずしてくださる方
 (その子の病気やストレスを軽減することにもなり、
  また、万が一、逃がしてしまっても 増殖を防げます。)
 ●呉市動物愛護センターまで迎えに来てくださる方
  (できれば移動の負担も考慮して、県内の方が望ましい。)
 ●迷子札をつけて脱走防止に常に厳重に気をつけてくださる方 

できれば即決ではなく、何度かご家族全員で足を運ばれ、
よくよく考えての決断であって欲しいです。
また、先住犬や先住猫との相性が気になる方は
1週間程度のトライアルもおすすめしています。
その場合、センターで見た時より扱いが難しい。
いろんな努力はしたが、自信がないと思われたら、
無理せず、直ちに返還してください。

 譲渡に必要なものは、
 ●印鑑(認め印でよろしいです)
 ●登録・狂犬病予防注射料 6,050円(生後3ヶ月以上の犬の場合)
 ●持ち帰り用のキャリーやリード・首輪など
     
       

【問合せ先】
呉市動物愛護センター(くれアニマルパーク)
〒737-0161 呉市郷原町2380-319(グリーンヒル郷原南側)
Tel:(0823)70-3711

スポンサーサイト

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ