FC2ブログ

ボラだより 2019 ☆

【2019年8月16日更新】
毎年、お休みの期間にボランティアに来てくださる、NPO法人SPICA  さん。この夏休みも学生さんを引き連れて、呉市動物愛護センターに来てくださいました!夏は暑いので 朝10時からのスタート。皆さん、元気いっぱいです。いつも3班のグループに分かれ、散歩、犬舎内掃除、子犬の体ふきをします。

散歩チームは必ず馴れたボランティアも同行しますが、怖がりの子はビクビクしながら何事かと歩きますが、パニックになりそうなときは写真のようにしゃがんで、声をかけながら落ち着くのを待ちます。そして慣れている子は自分が学生を散歩させてやっていると思ってるので、帰りたがらずに困らせてみたり・・。
CA3A0011_201908160907164e9.jpgCA3A0012_201908160907170f3.jpg
そして子犬の体拭き。今は子犬も沢山収容されています。可愛いけれど、どうしてこの子達がここにいるんだろうと思ったでしょう。皆、愛情に飢えており、それぞれ自分だけに声をかけてもらいながら撫でられるとマッサージ効果で、この後静かになった犬舎で全員、寝ていました。
CA3A0013 (2)CA3A0002_201908160918591aa.jpg
犬舎内の掃除も冷房が効いているとはいえ、皆さん汗だくになってきれいにしてくださいました。特に子犬のケージはすぐに汚れるので掃除も大変。他にもシャンプーを手伝ってもらったりしました。
CA3A0010_20190816091901416.jpgCA3A0018_20190816093448a5f.jpg
そんな学生ボランティアの様子が、NHK-BS 「家族になろうよ」という番組の中で紹介されることになりました。9/21OAだそうです。よかったら見てくださいね♪
CIMG2067.jpgCIMG2068.jpg
ちなみに番組内で他の愛護センターの取材はなく、今のところ呉だけだそう。なかなか撮影が許可されないところも多く、たとえ譲渡動物であっても写真さえダメで、似顔絵にしてほしいと真顔で言われるところもあるそうです。

呉はボランティアの思いを行政が理解してくれて始めた経緯があり、長い期間、色んな人がルールを守って出入りし、紆余曲折を経て、地道な信頼関係を築いてきたからこそ今の活動があります。ただ収容動物が減らない現状は相変わらず厳しく、すべてを救うことは不可能で、サクセスストーリーでも何でもありませんが、できることをして、心を寄せ続けるだけでも意味があるのかなと思うのです。

今回のような学生ボランティアさんたちもこの活動自体が種まきで、実際に自分の目で見てふれあって保護動物のことを知ってもらい、お家に帰ってセンターで見てきたことを周りの人に広めたり、何か自分たちでできることを考えて種が成長してくれたら本当に嬉しい。それが未来の希望になります。
スポンサーサイト



テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ