FC2ブログ

記事一覧

ボラだより 2020 ☆

【2020年1月8日更新】

2020年がスタートしました。今年もどうぞ宜しくお願いします。
年末年始は当番の職員さんと一緒にボランティアも収容動物のお世話に駆けつけました。
1月5日にはSPICAさんが学生を引き連れて参加してくださり、犬舎内もきれいになりました。
皆様、お疲れ様でした!
CIMG2486.jpgCA3A0018_20200108084231440.jpg
残念ながら、この頃は子犬であっても、なかなかご縁が作れず、今は収容動物で満室状態です。
猫は保護団体に随時、職員さんが移動させていますが、犬の場合は簡単にはいきません。
やはり収容されてくる子を減らす努力を皆でしなくてはいけません。
多くの人に理解してもらえるにはどうしたらいいか・・・それが課題です。
世の中はあらゆる情報に溢れていますが、都合のよいように流れているだけの場合もあります。

私自身、今年でボランティアに通うようになって12年目になります。
行き始めた頃、しばらくして、これはとても根が深い問題だと気づきました。自分には到底、精神的にもたないと危機感を感じ、どこかキリのよいところで通うのを止めようと、行った回数をカウントし始めて今に至ります。でもキリのよいタイミングがないまま、おそらく今年はついに1000日を突破しそうです。
頭数が多ければ何度も繰り返す散歩は本当に大変だし、心を開いてくれない子を見るのはせつないけれど、外に連れ出してもらえて生き生きした表情になったり、怯えている子がふれあっていくうちに少しずつ穏やかな表情に変化して、手からおやつを食べてくれたり、ボランティアが終わって犬舎を出る頃には、安心した顔で丸くなって眠っている姿を見ると、それだけでこちらまで幸せな気持ちで満たされます。ひたすらその繰り返しのボランティアでした。

結局、動物愛護活動は、個人個人の心の問題・・・と私は思います。
昔、阪神大震災の時に被災動物保護のボランティアをしている方がテレビのインタビューで 「何かせずにはいられなかった。自分の心を救うために活動しているだけです。」と、言われていた言葉が忘れられません。今の時代、人間だけが傲慢に生きている申し訳なさを私も日々痛感しています。せめて「大丈夫、いい子だよー。頑張ろうね!」と、声を掛けながらヨシヨシしたり、抱きしめたりして、私自身も癒してもらっているのだと思います。何より卒業犬との再会は大きな励みになります。

今年1月から呉市動物愛護センターは土日祝日の開館時間が変わります。
通常の8時30分~17時15分だったのが、10時~16時でスタートするそうです。

ますます譲渡のチャンスが減るのではと憂いておりますが、土日祝日を開館してくださるだけでも有難いことです。
今年も前向きに頑張りましょう!皆様、応援、宜しくお願いします。

CA3A0010_20200108092516255.jpg
スポンサーサイト



画像BBS

画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪

このブログの見かた

このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。

ブログ内検索

プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。