FC2ブログ

ボラだより 2019 ☆

【2019年2月27日更新】

先週末の暖かかった日曜日。
呉市動物愛護センターに集まったボランティアは総勢20名でした。
来観者よりボランティアが占めている人数の方が多いくらい。
それでもこうしてセンターに心を寄せてくれる誰かがいることは、素敵なことです。
ただ、譲渡数は伸びません。
とはいえ、譲渡してもらえるなら誰でもいいというわけにもいきません。
今もセンターには続々と犬や猫が収容されています。
捕獲業者の人に聞けば、「いくら与えるなと餌やりに言うでも全然ダメ。この頃は与えてもいいから、最期まで面倒見んさい。と、言うようにしている。」とのこと。でもほとんどの人は、心のさみしさを、餌を与える行為にすり替えているだけなので、無情なものです。

そんな中、今、東広島市の広報誌の3月号が、話題になっています。
「ボクの幸せ」という特集。
内容はこちら 
野良犬猫問題を取りあげられており、市内在住の村上たかしさんの漫画が実にリアルで、子供にも大人にもわかりやすく書かれています。ぜひ、皆さんも読んでみてください。

hyousi_01.jpg

動物問題には複雑な人間側の問題も絡んでおり、かつてはこうして行政が大々的に広報誌で特集を組んで取り上げるなんてことは、容易なことではなかったはずです。
でも時代は少しずつ変わり始めています。
先日もTVでは保護動物を取りあげた活気的な番組  がありました。 
愛護センターに集まるボランティアも年齢層は幅広く、私がここでボランティアを始めた10年前と比べたら、雰囲気はずいぶん変わりました。ただ増やさない努力、増やす人の意識を変えていかないと 問題は解決しません。
愛護センターで保護できる動物の数は限られており、保護団体も限界が来ているのが現実なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

画像BBS
画像BBS

このブログに掲載した動物たち、呉市動物愛護センター出身の動物たち、みんな集まれー♪
Facebook
このブログの見かた
このブログは呉市動物愛護センターの情報を掲載しています。
知りたい情報を↓のカテゴリーから選ぶと、各情報の記事が全て表示されるようになっています。 ( )内の数字は記事の数を示しています。

その他分からない事やお問合せは、こちらのはじめにの記事からご連絡ください。

注意!
呉市動物愛護センターに関する情報は、全て担当職員の許可を得て掲載しております。

●動物に「里親」という言葉を使う事で傷つく方もいらっしゃるため、こちらでは「飼主さん」「家族」という表現に統一しました。
ブログ内検索
プロフィール

ボランティアスタッフ

Author:ボランティアスタッフ
呉市動物愛護センターで活動している市民ボランティアのブログです。動物が置かれている現状を知ってもらい、温かいご家族とのご縁を結ぶ手助けになれば幸いです。

カウンター
RSSフィード
カテゴリー
最新の記事
リンク
過去ログ